理学療法

スポンサーリンク
体幹(胸部・腹部・腰背部)

腎臓には筋肉が付いているのを知っていますか。腎被膜と筋肉との関係性を理解して腎臓の動きを改善する方法について。

はじめに 本日のテーマは腎臓の動きになります。腎臓は皆さんのイメージだと 『尿を作るための臓器』 というのが一般的なイメージだと思います。 実は腎臓は筋肉が付着する特殊な臓器でもあります。そのため筋肉の動きと連動し...
下肢(股・膝・足)

足が遅い人に多い内股走りの原因になる2つのポイントについて現役理学療法士が解説します。

はじめに 昔から走るのが苦手という方はたくさんいると思います。これはもともとある運動能力が関係していることもありますが、実は速く走るための身体の使い方を知らないだけかもしれません。 走るのが苦手な人によくみられるフォームに『内...
体幹(胸部・腹部・腰背部)

便秘の人必見。食物繊維の摂り過ぎは腸内環境の悪化を招く。正しい食物繊維の摂るタイミングについて。

はじめに 皆さんは便秘のような腸の問題が生じた時どのように対処していますか。よく耳にするのが『腸の動きを良くするために食物繊維をとれ』という言葉です。 そもそも便秘というものは腸の動きが何らかの原因によって低下し腸内に内容物や...
体幹(胸部・腹部・腰背部)

背骨の横や脇腹が痛いという方必見。ただの腰痛と尿路結石の見分け方について。

はじめに 腰痛で悩んでいる人はとてもたくさんいます。その原因としては関節やその周囲にある筋肉、神経による痛みが大半を占めます。しかし、そのような原因以外にも腰痛になる要素があります。 それが『尿路結石』になります。 神経...
セルフケア

上殿部が痺れるという方必見。痺れの原因とセルフケアの方法について現役理学療法士が解説します。

はじめに 皆さんはずっと座っていたり、動き始める時などに急におしりが痛くなったという経験はありませんか。お尻は身体の部位の中でも比較的面積が広く、痛みの原因はさまざまです。しかし、お尻のどこの部分に痛みがあるのかを詳しくみる...
セルフケア

あぐらになると太ももの外側が痺れる原因について現役理学療法士が解説します。

はじめに 皆さんは長時間座っているとお尻や太ももの外側が痺れたことはありますか。私はよくこのブログを書く時に同じ姿勢で座っていることが多いのでお尻や太ももがよく痺れたりします。 実はこの痺れはある神経が関係している可能...
セルフケア

筋肉を押すと痛いという人必見。凝り固まった筋肉をほぐす方法について。

はじめに 特に筋トレをしたわけでもないのにいつも筋肉が硬い感じがするという方がいます。また、その筋肉は張ったような状態でゆとりがなく、関節の動きもうまく引き出すことができない場合もあります。 このような筋肉の張りは身体の滑らか...
体幹(胸部・腹部・腰背部)

質の良い睡眠を手に入れるコツは寝返りをするための首と胸椎の動きを引き出すこと。

はじめに 冬の寒さが落ち着き寝やすい季節になりましたね。ですが、もう少ししたら梅雨がはじまり、それが終われば夏がはじまります。蒸し暑さから睡眠不足になる方も多いと思います。実は睡眠不足が続くとそのダメージは負債のように積み重なり膨れ...
下肢(股・膝・足)

しゃがむとかかとが浮いてしまう原因と対処法について現役理学療法士が解説します。

はじめに 昔からしゃがみ込むときに踵を地面についた状態だとしゃがめないという人がいます。そのため、しゃがみ込む姿勢を極力控えたり、つま先を立てた状態でしゃがみ込むことでしゃがみ込む動作を代償している場合があります。このように、踵をつ...
セルフケア

みぞおちを押すと痛い人は内臓の循環が落ちているサイン。お腹の循環を促し内臓機能を活性化する方法について。

はじめに 人間の体には循環を行うためにいくつかの体液が存在します。一つ目が皆さんもよく知る血液、二つ目がリンパ液、そして三つ目が脳脊髄液になります。 内臓の機能を高めるためには身体中をめぐる体液の循環を良くすることがとても重要...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました