下肢(股・膝・足)

スポンサーリンク
下肢(股・膝・足)

女性に多い膝が内側に入る(ニーイン)現象はお尻が弱いサイン。内側に入らない膝を作る方法について。

はじめに 歩いたり、しゃがみ込んだり、階段を上り下りする際に膝が内側に入ってしまう方がいます。これは男性よりも女性に比較的多く見られ、特に内股の癖がある女性に起こりやすい現象です。膝が内側にはいる現象はぱっと見は女性らしい仕草にみえ...
下肢(股・膝・足)

男性に多いがに股を解消するための歩き方矯正方法について。

はじめに 私はもともとO脚気味だったので、立ったり歩いたりしたときの自分の足ががに股みたいなシルエットになるのが好きではありませんでした。まだ知識がない高校生くらいの時は無理やり膝をゴムバンドで膝を巻いてみたり、内ももの筋トレをひた...
セルフケア

胡座(あぐら)ができない女性がなりやすい膝の痛みの原因と対処法について。

はじめに 日本は欧米と違い『床に座る』習慣があります。そのため、男性は胡座(あぐら)、女性は横座りもしくは割り座になる機会があると思います。すると男性と女性はこういった普段とる姿勢の違いによって硬くなる部分が異なるようになってきます...
下肢(股・膝・足)

靴底の減り方であなたの身体の癖を知ろう。身体の歪みを修正する歩き方の方法について。

はじめに 皆さん靴はいつもどのようにして選んでいますか?デザインで決める方もいれば履き心地や疲れにくさで選ぶ方もいると思います。実際に靴を履いた時の感覚で違和感がない靴ほど自分の足に適した靴だと思いますが、歩きはじめは良かったのに長...
下肢(股・膝・足)

しゃがむと膝の裏が痛い方必見。痛みを減らすしゃがみ込みのコツとそれを可能にする3つのエクササイズについて。

はじめに 年齢を重ねるごとに身体のどこかに痛みを抱えている人はたくさんいます。その中で膝が痛いという方は特に多く、その原因は人によってさまざまです。 私自身の経験ですが、よくリハビリの仕事中に膝を曲げた状態で力を入れたり、しゃ...
セルフケア

太ももの外側が太い方必見!太もも痩せに効果的な3つの歩き方のポイントと2つのストレッチ方法について。

はじめに 最近太ももが太くなった気がする、前まで入っていたズボンが入らなくなったという経験をされた方は多いと思います。これはただ足が太くなったという訳ではなく、 骨盤や股関節周りの硬さが歩容に影響したことで生じている可能性があ...
下肢(股・膝・足)

疲れない立ち方は足底の重心のかけ方が大切。楽に立つコツと代表的な疲れやすい4パターンの立ち方について。

はじめに 身体が硬いと普段から思っている方は多いと思います。私が臨床で患者をみるときにまず行うのが立位姿勢の評価になります。立位をみることによってだいたいどこが硬くてどこが弱いのかを予想します。 そして実際に細かく触って動かし...
セルフケア

長座ができないという方必見。股関節の硬さを改善し、足を伸ばしても楽に地面に座れるようになるための4ステップについて。

はじめに 皆さんは床に座る際、足を伸ばした状態で座りますか。足を伸ばして座ると無意識に手を身体の後ろについて上体が倒れないよう手で支えると思います。では、この手の支えをなくしたときに上体が倒れずに楽に座ることができますか? ...
セルフケア

段差や階段を降りるときに膝に力が入らない方必見。踏ん張りの利く膝の作り方について。

はじめに 私の職場には膝が痛い方がたくさんみえます。リハビリの治療をするにあたり治療内容は変わります。それは膝が痛い原因がその人その人で異なるためです。そこで今回は膝の痛みの中でも特に階段や段差を降りる際に痛みが生じる方の対処法につ...
下肢(股・膝・足)

太ももの前側が張る方必見。骨盤の位置をもどし、効率よく脚痩せする身体の作り方について。

はじめに 最近は男性でも女性でも比較的細身のパンツを履く方が増えてきました。やはり、細身のパンツを履くときは足のラインが見えるため、太ももやふくらはぎの太さは気になるところですよね。しかし、自身の足のラインに自信がないという方はどう...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました